Legame/小林青花  ウミヘビ Card Case
5d3e897566d86c2dee5b8bd4 5d3e897566d86c2dee5b8bd4 5d3e897566d86c2dee5b8bd4 5d3e897566d86c2dee5b8bd4 5d3e897566d86c2dee5b8bd4 5d3e897566d86c2dee5b8bd4 5d3e897566d86c2dee5b8bd4 5d3e897566d86c2dee5b8bd4 5d3e897566d86c2dee5b8bd4

Legame/小林青花  ウミヘビ Card Case

¥16,200 税込

送料についてはこちら

Legame/小林青花    “Legame”は、日本人職人、小林青花による、イタリア、フィレンツェの伝統工芸を活かした革細工のブランドです。一切縫製をせずに、木型を使って成型するというフィレンツェ独自の特殊な伝統技術で、イタリア・トスカーナの植物タンニンなめし革であることがまず第一の条件として挙げられます。  小林さんは、フィレンツェの「イル・ブッセット」という店舗兼工房で修行、この伝統技術を習得しました。 ★ その工程は、濡らして柔らかくした革を、一つ一つ木型を使って伸ばして成型し、乾燥させて染色を施し、その後「ブッセット」という伝統的な鉄の道具(鉄コテのようなもの)を熱して革を磨き上げることで独特の艶を出すーというもの。成型から染色、磨き上げまで、すべて一人の手作業で仕上げられます。 道具や材料もすべてフィレンツェで手に入れたものを使用。 作業前に革を濡らして寝かせてなじませ、成形後や染色後1〜2日乾燥させたり、と、コインケースの場合で10日〜2週間ほどの時間を要する手のこんだ職人技です。縫い目がないゆえの手触りの良さや、鮮やかな色、革ではないような美しい艶が特徴です。 ★ 仕上げられたものには最後に、「 Legame con Giuseppe Fanara 」 と刻印されます。「 Legame(レガーメ)」とは、イタリア語で「縁」や「つながり」という意味、そして「Giuseppe Fanara(ジュゼッペ・ファナーラ)」は師匠の名前、「con」は英語でいう「with」にあたります。  "Legame"のすべてのアイテムに押されたこの刻印は、小林さんがブランドを始めるにあたって師匠と相談して作ったもの。「フィレンツェの工房や、師匠・ジュゼッペとの幸運なご縁から生まれたLegameの作品たち」という大切な意味を込めて押される刻印です。 ウミヘビ カードケース PM/SS/EL MATERIAL : タンニンなめし牛革、ウミヘビ革